オール電化のデメリット

オール電化住宅は普段使用するエネルギーの全てを電力に一本化させた住宅で、オール電化住宅にする事によって様々なメリットを得る事が出来るといいますが、どんなものにもメリットがあればデメリットもあるものです。

オール電化の販売を行っている業者などはメリットを積極的に推す分非常に耳障りの良い言葉ばかりを聞く事になると思いますが、その言葉のみを鵜呑みにしているといざという時苦労したり公開したりする事になるのでそうならないためにもしっかりとデメリットについても学んでおきましょう。

オール電化のデメリットはまず設置する時のコストが高いという点です。現在販売されているオール電化向けのシステム用品はどれもオール電化を考慮していないものよりも高額なので、導入する際はそれなりの予算が必要です。

IHクッキングヒーターとエコキュート、床暖房システムなどを搭載するのに工事費を含めて100万円以上は掛かるそうなのでそれなりの用意はしておきましょう。

それ以外だと電力会社の情勢に応じて普段通りの生活が難しくなってくる危険性や停電時は本当に何も動かす事が出来ないなどのデメリットが指摘されているのでそれらを考慮した上でオール電化を導入するか決めてください。